キャッシングを利用する|出費が嵩むピンチでも大丈夫

コインとフィギュア
このエントリーをはてなブックマークに追加

低金利で借りられる

家の模型と紙幣

お金を借りる方法はいくつかありますが、大きなお金が必要となるケースもあるでしょう。そのような場合は、不動産担保ローンを利用することができます。名前の通り、所有している家や土地などの不動産を担保にしてお金を借りることができるサービスとなっています。

不動産担保ローンはフリーローンに分類されます。例えば、マンションや車を購入する際は一括払いではない限り、ローンを組んで分割で返済していくことになります。あらかじめ購入する物が決まっているので、融資額をそれ以外に充てることはできません。そのため、自由に融資額を使用することができないのです。一方、フリーローンとなる不動産担保ローンは使用用途が決められていないので、融資額を自由に使うことができます。また、担保に出す不動産は個人名義でなくても提供できます。例えば、配偶者や親の名義であった不動産でも、担保に出すことが可能となっています。

不動産担保ローンは審査に時間がかかることがありますが、低金利でお金を借りることができます。その理由としては大きな金額を借りるケースが多いので、返済期間が長くなるためです。ですが、気をつけなければいけないポイントがあります。それは違約金です。あらかじめ低金利で契約したにも関わらず、融資額を一括で返済されてしまった場合は、金融会社が本来得られるはずであった利益が少なくなることがあります。そのため、違約金が発生することもあるので、事前に確認しましょう。